久しぶりにうまくいったので…クロス取引の活用方法例

  • 0

おはようございます。
8月も終わり、関東は急に寒くなったような…。
9月権利はけっこうたくさんありますので、資金管理が大変です><

さて、8月権利で、”久しぶり”にすごく上手くいったので、その記事です。
失敗は沢山あるのですけどね>< たまに上手くいくことがあるので、記事にさせてください^^;
昨日のコロワイドの記事とも少し関連しています。

ヤマトインターナショナルのクロス

8月権利でヤマトインターを権利日前に500株クロスしたんです。
482円でクロスしました。
でもヤマトインター、2Qも3Qも調子がよさそうだったので、これはいけるんじゃないかと思って、クロスの売りだけ、権利落ち日に決済しました。

権利落ち日の寄りが451円でしたので、信用売りだけ決済して31円抜き。
500株でしたので、約15000円の利益確定と、保有現物株が500株で、含み損が約15000円の状態でした。

8月31日に上方修正

権利落ち日後は440円台くらいでうろうろしてましたが、早速31日に上方修正しました。
これによって、9月1日には寄りで483円と急騰。そこで現物株を売却。つまり、現物株は482円で購入し、483円で売却と、ほぼトントンで決済。

結果、権利落ち日に決済した信用売りの分、約15000円の利益+優待権利取りとなりました。

権利落ち日でクロス売りだけ外す

この方法は、権利前の高値で現物を仕込むのを避け、かつ、優待権利を取得して、実質、権利落ち日の値段で現物株を購入したのと同じ効果があります。

今は権利前で高値だから今年の優待はあきらめるか、っていうのをうまく回避できるんですね。

注意点は…
・実質、いくらで購入したのか管理が面倒。
・だいたいは権利落ちにより信用売り分で利益が出てるので…資金や税金の調整・管理も必要。
・制度売りの場合は、当然逆日歩リスクもあり。
・きちんと権利落ち後に上昇しそうな銘柄で実施する必要あり。これが一番難しい!

まあ、クロス=いわゆる優待ただ取り、ってイメージが定着してますけど、こんな戦略もあるんだなあと思っていただければ幸いです。

ではでは~。

関連コンテンツ
広告
スポンサード リンク
スポンサード リンク
広告
スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)