専業主婦の方の個人型確定拠出年金(IDeCo)の加入について考える

  • 0
DSCN0616

2017年から、個人型確定拠出年金(IDeCo、イデコ)の対象範囲が拡大しました。

1)専業主婦(夫)でも加入できる!(以後、専業主婦のみの表記とします)
2)企業年金のあるサラリーマンでも加入できる!
3)公務員でも加入できる!

と、個人型確定拠出年金に入れる人が増えたのがウリとなっています。

さて、我が家が考えるとしたら1)なのですが…専業主婦の方が入るメリットってあるんでしょうか? という疑問があったので、ちょっと調べてみました。

確定拠出年金の最大のメリットが受けられない

もともと、専業主婦の方は所得税を納める必要がないケースが多いので…。
拠出金が所得税控除の対象になるという最大の恩恵が受けられません

仮にパート収入が103万ある方の場合には、さらに最大拠出額27.6万円上乗せして130.6万円までなら所得税がかからない計算に。
でも、増やした分は拠出金に充当されるわけですから、手取りは増やすことはできませんし、
合計所得金額は103万を超えることに違いはないので(※)、壁が消えるわけではないようです。
また、配偶者の会社から支給される扶養手当の支給停止や社会保険加入の対象となる恐れも出てくるので、こちらの方が問題となるかもしれません。

※確定拠出年金の拠出金額は小規模企業共済等掛金控除の対象ですので、掛金の本人しか控除対象とならないうえ、所得控除ですので、合計所得金額の計算前には控除されず、103万の壁は残ったままとなります。
詳細は↓
http://www.city.yamato.lg.jp/web/shizei/shizei01211371.html

手数料や諸費用がいろいろとかかる

まず口座の管理料が重くのしかかります。年間で2000~7700円程度?、だいたい6000円くらいの口座管理料がかかるようです。
SBI証券は残高50万以上の場合にはSBI証券への管理料は0円ですが、国民基金連合会に103円、事務委託先金融機関に64円、合計167円/月のコストがかかり、年間2004円となります。
さらに、選ぶ商品によっては信託報酬もかかりますね。
所得税の所得控除があれば、税金が軽減できる分で十分相殺できそうですが、もともと所得0の専業主婦の方の場合には手数料など諸費用が重いですね。特に掛け金が少ない場合には、割合的に手数料が重くのしかかります。

年金受け取り時に税金がかかる?

もともと、配偶者からの拠出なら、配偶者が税金を支払った後のお金なので、税金はそれ以上かかりません。ところが、専業主婦のかたの個人型確定拠出年金に、そのお金を拠出してしまうと…年金受け取り時には、他の年金と同じような扱いだそうで…ってことは税金がかかりますよね?
一時金受け取りの場合は退職所得で退職所得控除の適用、年金受け取りの場合は雑所得で公的年金控除等が適用されるなど、所得にされ課税対象にされてしまうようです。

まあ、一時金受け取りの場合なら、退職所得控除が大きいので、よっぽどの運用成績を収めない限り、税金はかからないかもしれないですが…。

年金じゃないと引き出しできない><

あとは、いったん拠出すると60歳にならないと引き出せないのもポイントで…子供がいて教育資金などお金がたくさん必要になったときにも自由に使うことができない点も要注意かなと思います。

ここまでデメリットばかり書くと怒られそうなので…

メリットを上げるとすれば…
1)家庭の事情などで勤続が途切れたり仕事が多様化した場合にも、途切れることなく自分自身の年金を形成できる。
2)仕事を始めた時に企業型DCがあれば、そちらに移管できる場合がある。

くらいですかね。。。

結論:無理に加入しなくても。

無理に加入しなくてもよいのではないかと…。さらに。配偶者が個人型DC加入またはマッチング拠出できれば、そちらの方がいいのではと思います。おそらく、主たる収入を得ている方で掛け金を増やした方が、所得税率が高く節税効果が高いですし。

ということで、我が家は特に個人型確定拠出年金については、今のところ加入はしません。
現行制度では、急いで無理に入らなくても、という結論です~。

関連コンテンツ
広告
スポンサード リンク
スポンサード リンク
広告
スポンサード リンク

コメント

  1. 池ちゃん より:

    おはようございます。年金は支給年齢を70歳にすれば年金財政は当分大丈夫だとのことですが、60歳、65歳とどうやって暮らすかはすべての人の課題になると思います。
    60歳だと6割支給で結構つらいので考えてしまいます。
    配当利回り5%超えの株で補うにしても1000万円で税引き40万円。外貨も利回りが良いものはリスクも大きいので悩みます。
    あんこさんよりも自分のほうがかなり先に体験することなので、後に語りたいです。

  2. あんこ より:

    池ちゃんさん、おはようございます。
    定年も延長され、年金支給も遅くなり、と、おそらく、高齢化社会と財政のバランスをとるためにどんどん変わっていくと思うので、その時に合わせてきちんと考えないとだめですよね。
    ぜひ、後に体験談をお聞かせください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)