JR九州と郵政3兄弟のTOPIX組み入れ比較

  • 0
p1000800

こんにちは。
今週で、もう11月も終わりですね。

今週はトランプさんに決まってから初の12月雇用統計もあり、為替や株価など、いろいろと値動きが激しくなる可能性がありますね。

さて、あんことしては、今週気になるのはJR九州のTOPIX組み入れです。

九州旅客鉄道のTOPIX組み入れ

10月に上場しましたので、JR九州のTOPIX組み入れは今月末になります。
TOPIX組み入れ期待で投資する、いわゆる「コバンザメ投資」は、もうすでに有名になっており一概にこれが成功するようにならなくなってきています。

JR九州は29日大引けで組み入れ、月末の30日からTOPIX採用となります。

株価はどう動く?

参考となるのは、昨年の日本郵政、郵貯銀行、かんぽ生命ですかね~。
この郵政3兄弟(?)は昨年11月に上場しましたので、12月に組み入れが行われました。
ということで、この値動きをおさらいして、比較してみようかと思います。

郵政3兄弟の組み入れとJR九州比較

組み入れ日、つまり月末前日を0日として、その10営業日前~6営業日後のデータを比較しました。基準は、10営業日前を100%として、そこからの上昇・下落を算出してみました。

株価↓

jr-kyu-kabuka

出来高↓

jr-kyu-dekidaka

郵政3兄弟はみんな似たような動きをしています。
株価は前日がピーク、出来高は当日がピークになっています。

このデータを見ると、JR九州も前日の明日が一番期待が持てるのかも?
ただ、郵政3兄弟の場合、年明けの日経の下落に思いっきり引っ張られているので…注意が必要かなと思います。また、すでに株価も出来高もJR九州の方が高くなってきています。

出来高は、JR九州もおそらく組み入れ当日、29日がピークになるのかなーと思います。明日の出来高にも注目ですかね。

さて、明日、JR九州どうしようかな~。。。

関連コンテンツ
広告
スポンサード リンク
スポンサード リンク
広告
スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)