のれん代について考えてみました

  • 0
DSCN0494

こんにちは。
今日はのれん代について。

のれん代とは?

簡単にいうとブランド力、っていう説明もありますが…いまいちイメージがわかないです。
「のれん」という言葉を説明しようとするから、だとは思うのですが。

英語だと「intangible assets」というそうです。これは「無形資産」と訳せます。こっちの方がしっくりくるかな~。

企業買収時に、100億の価値のものを150億で購入したら、50億円の「のれん代」ってことです。付加価値みたいなもんですね。
株価もPBR1なら解散価値と株価が等価、ってことですが、PBR2なら、解散価値の2倍、株価が高いことに。これは、その分、その株に無形資産、つまり付加価値が付いているってことでいいのかな~って思います。

味噌は会計基準

この50億円ののれん代、日本の会計基準だと20年かけて償却しなければならないことになっています。つまり50億円ののれん代の場合、毎年2.5億円ほど償却していかなければならず、利益を圧迫します。

ところが、国際会計基準だと、のれん代の年ごとの償却はありません。
償却が必要となった、つまりのれん代の価値がなくなったと判断される時期に償却を行うってことです。それまでは、無形資産として資産に計上され、定期的に償却する必要はありません。

つまり…国際会計基準を採用している、かつ巨額ののれん代がある場合、一気にのれん代の償却ものしかかり、業績が悪化って可能性も…。爆弾を抱えての運営となる可能性があるってことです。

ここまで書くと、ぴんとする方もいるでしょうけど。

コメダ珈琲ですね。

巨額ののれん代があるっていうのは、上場時から話題に上がっていたようです。
どのくらい巨額かというと…総資産570億くらいに対して、380億…。総資産の半分以上がのれん代となっています。しかも、国際会計基準ですので、毎年償却する必要がありません。

巨額のお金で買収したあと、国際会計基準にして、償却不要ののれん代分の利益を押し上げるように見せて…見た目をよくして上場、高値で売り抜け!ってパターン。たしかに、PERなどの指標の見た目は劇的に良くなるかもしれません。これから、こういうパターンは結構出てくるかもしれませんので、気を附けないといけないな~と思いました。

関連コンテンツ
広告
スポンサード リンク
スポンサード リンク
広告
スポンサード リンク

コメント

  1. クッピーラムネ より:

    あんこさんこんばんわ、会計事務所に勤務しておりますクッピーラムネと申します。
    いつも楽しい記事をありがとうございます。

    ご存知かもしれませんが、のれんの考え方について補足させて頂ければと思います。

    お書きになられているとおり、「のれん」とは企業のブランド力そのものです。
    例えば、シャネルを買収するとしましょう。(シャネルは上場していません。)
    それでは株主に支払うべきお金は?
    シャネルの土地、工場、店舗、原材料、その他備品代合計、これだけでいいんでしょうか?
    とんでもないですね。「シャネル」という名前そのものに価値があるんです。
    「シャネル」だからこそ、世界中の女性が何万円も出して商品を求めるんです。
    この価値を金額にしたものが「のれん」です。しかし、適正額の算出は非常に困難です。
    そのため、会計上税務上ではある程度の弾力性をもって、「のれん」の価値は判断されています。(買主によって大きく異なる可能性があるということです。)

    おっしゃる通り、コメダ珈琲ののれんは非常に割高に見えますね…。

    そして、のれんは資産計上され、国際会計基準においては事実の発生が認められた場合に限り減損処理します。
    見ようによっては不良債権みたいなものですね。
    こういった銘柄については、普段以上にキャッシュフローに留意する必要があるかと思います。

    地合は悪かったですが、この巨額ののれんも、公募割れしてしまった原因の一つでしょうね。

  2. あんこ より:

    クッピーラムネさん、こんにちは。プロの方にコメントいただけるとは…ありがとうございます! 
    のれん代、見ようによっては不良債権みたいなものですか。確かに…。
    キャッシュフローに留意とありますが、キャッシュフローが悪化した際には(≒当初の見積もりが甘すぎた)、事実の発生、つまり減損処理をしなくてはならないリスクが高まるから、という理解でいいでしょうか?
    いずれにしろ、かなりのリスクをはらんでいることには間違いなさそうですね。長期保有をためらってしまう人がたくさんいてもおかしくないと思います。

  3. クッピーラムネ より:

    あんこさんこんにちは、減損リスクについては正にあんこさんのおっしゃる通りです。

    国際会計基準においては、のれんなどの無形資産は毎期減損テストを行い、資産の帳簿価額がその資産から生ずる将来キャッシュフローを下回ったと判断されたときに減損処理を行います。
    つまり、営業キャッシュフローが悪化しているときは、減損処理のリスクが高まっている可能性があるということです。

    また、投資家の視点からすると、巨額ののれんの存在により、PBR、ROE、自己資本比率などについては他業種との比較可能性に疑義が生ずる反面、キャッシュフローについての比較可能性は棄損していない、と考えられるため、他の指標よりキャッシュフローの重要性が高まると考えてよいかと思います。

  4. クッピーラムネ より:

    すみません、2行目文章が逆でした(^_^;)

    国際会計基準においては、のれんなどの無形資産は毎期減損テストを行い、その資産から生ずる将来キャッシュフローがその資産の帳簿価額を下回ったと判断されたときに減損処理を行います。

    正しくはこうです!

  5. あんこ より:

    クッピーラムネ さん、コメントありがとうございます!
    たしかに、国際会計基準と日本の会計基準がごっちゃになっている場合、いろいろな指標って補正して、どちらかに統一してやらないと比較にならないですね。うーん、難しい! 投資家としては、どちらかに統一してほしいですね…。連続性などを考えると、なかなか大きな老舗企業などは難しいのかもしれませんけど。
    ありがとうございました!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)