IPO祭りのあと~SBI強制決済権利取り

  • 0
P1020637

こんばんわー。

昨日、公募価格からどの程度上昇するかの上昇率の順番を予想をしてみましたが、その結果です。

昨日の予想

◎アグレ都市デザイン
○ヒロセ通商
▲イワキ
△グローバルグループ
△フェニックスバイオ
アイドママーケティングコミュニケーション

↓結果

◎アグレ都市デザイン
公募:1730円
初値:3505円(2.02倍)
終値:2825円(1.63倍)

○ヒロセ通商
公募:830円
初値:830円(1倍)
終値:845円(1.018倍)

▲イワキ
公募:2000円
初値:2050円(1.025倍)
終値:2084円(1.042倍)

△グローバルグループ
公募:2000円
初値:3200円(1.6倍)
終値:2748円(1.374倍)

△フェニックスバイオ
公募:2400円
初値:2350円(0.98倍)
終値:2850円(1.19倍)

アイドママーケティングコミュニケーション
公募:1440円
初値:1230円(0.85倍)
終値:985円(0.68倍)

公募→初値の値上がり率を予想したのですが、結果はヒロセ通商とグローバルグループが逆でした。グローバルグループが私が思っていたより上げました。
あとは、順番通りの初値形成となり、だいたい順当な結果といったところでしょうか。
フェニックスバイオまでは公募割れしないと思ったんですけどね。

そして・・・アイドマはひどいですね。
1日で公募価格の30%以上も下落とは…。

SBIの強制決済権利取り

今日予約しますと、連休明け22日約定→225営業日後の28日が決済期限→持ち越し→29日に強制決済(権利落ち)

ということで、強制決済扱いにすれば、クロスしたまま28日の権利日を持ち越すことができます。現渡しはできませんので。その分コストはかかりますが…。

で、今回はゼンショーに参戦しました。

強制決済での権利取りをしようとするのは初です…。すでに100株持っていますので、900株足してみました。が、まだゼンショー余裕ありでした。火曜日の夜に注文しなおそうか迷いますね。。。

なお、グルメ杵屋は×で残なしでした。残念~ダメっぽいですね。。。

本日の持ち株

-9000円で含み損32000円です。

明日はサンリオピューロランドに行ってきます!
たぶん、夜の更新はないと思います~。

関連コンテンツ
広告
スポンサード リンク
スポンサード リンク
広告
スポンサード リンク

コメント

  1. 匿名 より:

    こんにちは。教えてください!強制決済は、朝の寄りで行われるのですかね?
    宜しくお願いします。

  2. あんこ より:

    こんばんわー。コメントありがとうございます。
    強制決済は翌日の寄りで、反対売買で行われます。
    現物持っていても、返済買いされます~。

    以下、ホームページから引用です。
    http://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/help/trade_stock_11_07.html
    「返済期限までに決済されない場合、返済期限の翌営業日の寄付で反対売買による決済をさせていただきます。なお、返済期限の翌営業日に反対売買による決済が成立しなかった場合には、翌々営業日以降に反対売買による決済をさせていただきます。」

  3. しゅう より:

    あんこさん、こんばんは^^。

    ゼンショーはすでに諦めていたのですが、SBI短期で余っているとは思いもしませんでした。
    火曜日に参戦してみます♪

    できれば、19時までにIPOの抽選が終わって欲しいですね^^。

    • あんこ より:

      しゅうさん、おはようございます。
      IPOが重なってるので、ゼンショーが余ってるのかな?とか思っています。
      火曜日は…余っていたらゼンショーはたぶんすぐ売り切れるでしょうね~。
      わたしは…IPOは資金が少なくなってもいいやって感じです。春のIPOはあきらめ気味です^^

  4. sifer より:

    あんこ さん
    これは、なかなか面白い裏技ですね。
    私も ゼンショー 1000株に加えて、金額合わせで 名鉄 1000株行きました。
    これで、ほぼ 建値 200万円になります。
    現物は、クリックで用立てました。
    このやり方で行くと、手数料分を買いで節約すれば、カブコムと遜色のないレベルまで行けるのでは?と思います。
    また、資金的にもクリックにしか現金が無い場合は、有難いです。
    信用売りは、現金少なくても担保あれば行けるので、助かりました。
    火曜日になれば争奪戦必至と思いますので、権利取れてナンボと思っておきます。

  5. コーヒー より:

    毎日とても参考になっています。
    一つご質問ですが、我が家ではSBIチャレンジポイントをとるために、
    子ども名義のSBI証券口座に30万円お金を入れたままの状態が続いています。

    子どもは信用取引ができない(はず)ので、
    その30万円分は、お金の有効活用ができない状態が続いています。
    (株主優待のただ取りのために、子どもの口座からお金を出し入れするのが面倒で、
     口座にお金を入れ続けた状態です。)

    でも、今回紹介された強制決済をとる方法の場合、
    「現渡し(品渡し)」が必要なくなるので、
    信用取引(売り)は親の口座で、子どもの分もすれば良いのかな?
    と思うのですが、いかがお考えでしょう?

    つまり、オリックスの場合
    ・信用売り(強制取引) 親の口座で300株
    ・現物買い       親の口座で100株
                子Aの口座で100株
                子Bの口座で100株
    ・28日の権利取得後、父親の品渡しと、
     子A・Bの現物を売却(成行)ですれば、
     子の分の優待も、少ないリスクとコストでとれるという理屈になるでしょうか?

    子どもの優待ただ取りの裏技あったら、お教えください。

  6. あんこ より:

    sifer さん、おはようございます。コメントありがとうございます。
    たしかに、現物はGMO使った方がSBI使うより手数料節約できますね。だいぶ広まってきた裏技ですねえ。ちょっと費用は掛かりますが、それでも、権利が取れればかなりお得なクロスになると思います^^

  7. あんこ より:

    コーヒー さん、おはようございます。
    未成年口座は開いていないので、子供口座を活用しての裏技は持ち合わせていませんが…上記の方法だと、ちょっと問題もありますね。

    親口座で信用売りしますと、権利落ちでは当然株価が下がることが多いので、親口座では利益となります。一方、子口座では現物ですので値下がりにより損失が出る確率が高くなります。

    ところが、口座が違うのでこの損益通算ができません。

    子口座では損失のまま、親口座ではその利益(権利落ちによる下落分)に対して20%の税が徴収されてしまいます。結果、権利落ち分の20%がコストとして上乗せされてしまう恐れがあります。

    ちょっと、未成年口座での損益通算の扱いがよくわからなかったのですが、親口座との通算はできないと思いますので、なかなか未成年口座を使ったクロスって難しいのかなと思います。

  8. ちょっと心配 より:

    コーヒーさんは、ほぼ確実に借名取引ですね

    ネット証券でもコンプライアンスが甘いとは限りません

  9. あんこ より:

    ちょっと心配 さん、コメントありがとうございます!
    このあたり、取引状況がわからなかったし難しいので言及しなかったのですが、ご親切にありがとうございます。
    SBIを見る限りですと、未成年口座(つまり親権者としての登録済み)の場合には借名取引にはならないのですが、馴合売買に該当する恐れがあるのですが、このあたりのジャッジは証券会社ですので…なんともいえないですね。子供に権利をとらせることが目的の売買になるので、権利の移転を目的としない売買には該当しないと思いますし…。

    以下、引用です。
    https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?burl=search_home&cat1=home&dir=info&file=home_attention_05.html
    SBI証券の未成年口座とは?
    ・満20歳未満で未婚の方が対象の取引口座です。
    ・未成年者が満15歳未満の場合は、親権者又は未成年後見人(※以降、特に記載の無い場合は、「親権者」との記載は「親権者又は未成年後見人」を意味するものとします)が取引主体(未成年口座の発注等を実際に行われる方)として、未成年者本人に代わり、未成年者の財産を管理することを目的として、口座開設並びにお取引いただけます。
    ~中略~
    未成年口座に関するご注意事項
    ~中略~
    ・借名取引(他人の名義を借りて行う売買のこと)、仮装売買(特定の株式等の売買状況に関し、他の投資者に誤解を生じさせる目的をもって、同一人物が、同時期に、同価格で、売りと買いの注文を行う権利の移転を目的としない売買のこと)、馴合売買(売主と買主が共謀して他の投資者に誤解を生じさせる目的をもって、同時期に同価格で、売りと買いの注文を行う権利の移転を目的としない売買のこと)等は金融商品取引法にて禁じられております。

    ~引用終わり

    間違っていたら、ご指摘していただけると助かります~。

  10. コーヒー より:

    コメントありがとうございます。
    利益の計算はなるほど!という感じでした。
    また、借名取引というものがあり、それに該当する可能性があったとは知りませんでした。

    あまり欲張らず、ただ取りを楽しんでいこうと思います♪またの機会宜しくお願いします。

  11. sifer より:

    強制決済の手数料につき、通常取引とは異なるのでは? の指摘がありましたので、教えてください。
    オペレーター並となるといかにsbiとはいえ厳しいので、どうなんでしょうか?

  12. あんこ より:

    コーヒーさん、こんばんわ。
    そうですね、子名義の取り扱いは、法的にもいろいろと難しい面もありますので、慎重になさった方が賢明かもしれませんね。
    3月は1年で最大の優待祭りですし! ほどほどに優待を楽しみましょう~。

  13. あんこ より:

    sifer さん、こんばんわ。
    今日の記事にしてみましたので、ぜひ、ご覧ください!
    パーク24、強制決済されたときは、あ~やっちゃった~って思ったのですが、身をもって経験して2回もブログのネタになったので、損した分は完全に取り戻せました^^;

  14. カロリーハーフ より:

    親子間の損通について
    自分も名義貸しには、該当しないと思います。
    ただし、損益通算ができない不利益については、優待クロスの取引頻度が高い親口座は手数料と貸株料分の経費で赤字になることが多いので、確定申告を行えば、信用取引分の利益はそれらコストと相殺され、課税所得は生じないでしょう。(税務当局による課税回避行為の認定の可能性は残りますが)

  15. あんこ より:

    カロリーハーフ さん、コメントありがとうございます。
    親口座は、確定申告で戻る可能性が高いのですが…子供口座はどうしても権利落ち分の損失が出る可能性が高いので…やっぱり、この方法はあんまりお勧めはできませんね^^;

  16. つたまる より:

    いつも楽しく拝見させていただいております。
    親口で100カブ信用売り
    子口で100カブ現物買い
    権利落ち日の寄付に成行でどちらも反対売買で株価の変動は抑えられるはずですが
    子口でおそらく損が発生し、親口での利益が20.315%とられるということになると思いますが
    子口の権利落ち分の損失というのは具体的にどのような損失でしょうか?
    名義が違うクロスというだけであって親口が赤字口座であれば手数料のみでクロス可能なのではないでしょうか?
    他にも問題点等あれば教えてください。

  17. あんこ より:

    つたまるさん、こんにちは。
    子口座での損というのは、権利落ちの株価下落分の損になります。

    ご指摘の通り、親口座が赤字口座なら、権利落ちの利益には課税されないので、親と子口座のその取引だけ考えると、手数料など諸費用だけでクロスできると思います。
    ただ、結局、この場合は子も赤字、親も赤字なので…資金は減る一方です。

    また親口座の赤字が前提ですが…本来、その赤字は確定申告で他口座と損益通算すれば、
    その金額相当にかかった分だけ、税金が戻ってきたはずです。ただ、損益通算してしまうと、権利落ちの売りによる利益分で赤字幅を縮小していますので…結局はその利益が合計されているのと同じで、子口座の損失のみが残っている状態となるかなと思ったわけです。

    まとめると、親口座が赤字前提だと、クロスにかかる費用は子口座と相殺されますが、子口座も親口座も赤字だと資金は減る一方。
    また、親口座の赤字分を親の他口座と損益通算してしまうと、結局、親口座のクロス利益分赤字幅を圧縮しているので、結局は子口座の損失分だけ損が残ってしまう。
    こんな感じかなと思います。

    間違っていたらごめんなさい。

  18. つたまる より:

    返信ありがとうございます。

    親口座でクロス手数料以上の損失を抱えていた場合はこの方法は手数料のみで実行出来るということでしょうか?

    資産は減る一方とありますがクロス手数料以上の損失を抱えている口座限定ですが確定申告などをした後、戻ってくるのでしょうか?
    子口座の権利落ちの損失=親口座の権利落ちの利益+確定申告後の還付金ですよね!
    このクロスで資産が減る場合が分かりません。
    あんこさんが仰っているのは例えばしゅうさんのようにトウカイ東京などを使って、手数料節約した場合に口座が別々の場合に確定申告の際、損益通算したら、赤字部分が減ってしまっているので税金が還付されない可能性があるということですか?

    よろしくお願いします。

  19. あんこ より:

    つたまるさん、おはようございます!
    話が込み入ってきて、なかなか難しくなってきました^^;

    まず、最初のお話ですが…

    >資産は減る一方とありますがクロス手数料以上の損失を抱えている口座限定ですが確定申告などをした後、戻ってくるのでしょうか?

    親口座で、ほかに黒字口座がある場合には、損益通算(確定申告)すれば、赤字口座分の赤字を通算で来て、黒字口座で余計に支払った分の税金が還付されます。
    ただ、これに問題が出てきます。後述します。

    >子口座の権利落ちの損失=親口座の権利落ちの利益+確定申告後の還付金ですよね!
    >このクロスで資産が減る場合が分かりません。

    はい、その通りです。そこで、資産が減る理由ですが…
    すいません、資産が減る一方、という表現が誤解を与えたかもしれません。

    簡単に言うと、資産が減っていく理由は、親と子、両方の口座が赤字が前提の話だからです。赤字ってことは、両方、現金資産は減っていますよね。
    そして、両方赤字の理由は、クロスのコストです。

    手数料や貸し株料、制度の場合は逆日歩など、どうしてもクロスのコストはかかります。

    >子口座の権利落ちの損失=親口座の権利落ちの利益+確定申告後の還付金
    確かにそのとおりなのですが、両方の口座が手数料分赤字になりやすいので、その分の現金資産は減っていきます。

    優待取りのクロス取引は、結局、手数料などの諸費用と優待価値の天秤ですので…。
    クロスだけしていると、どうしても現金は減っていくわけです。

    これが、現金資産が減っていく一方、という理由です。
    単純に、優待のクロスだけしてると、現金資産は減っていきますよ、ってことです。
    誤解を与えてしまってすいません。

    さて、ここからなんですが。

    多くの方は、純粋にクロスだけせず、ほかの株取引も少なからずやってるんじゃないかなと思います。
    それで黒字を出してしまうと…クロスコストが還付された税金分、余計にかかりますよね。(税金が返ってこないため)

    つまり、
    ・親子で口座が赤字 → 現金資金は純粋にクロス費用分減る一方
    ・ほかの取り引きをして黒字 → 税金分クロスコストが上昇しうま味が少なくなる
    (権利落ちの激しさによっては、ものすごい赤字クロスになる可能性も…)

    こんな感じです・・・。うまく説明できなくてすいません。。。

    例えば、1000株クロスして権利落ちが50円あったら…5万の利益の20%、1万円が税金。親口座を黒字にしちゃうと、この税金分がクロス費用に上乗せされているのと同じになります…。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)