ラウンドワンの配当~資本剰余金からの配当 別視点からもう一回まとめ!

  • 0
yjimage

こんばんわー。
ラウンドワンの資本剰余金からの配当について、わかりにくい記事になってしまったので、もう一回、別の視点で記事にしてみます。
間違ってたら、ごめんなさい。

「資本剰余金からの配当」のおさらい

通常の配当は「利益」から配当金を出します。利益剰余金からの配当となります。
ところが、今回のラウンドワンは「資本剰余金」からの配当となりました。
簡単に言うと「利益」からではなく、会社の懐(資本)から配当を出すことになったのです。
今回、ラウンドワンの配当は1000円

このうち、

みなし配当  :209円
みなし配当以外:791円

となりました。会社の懐から配当金を出す場合、この2つに分類されます。
「みなし配当」は通常の配当と同じ扱いになりますので問題とはなりません。
通常の配当と同じように、源泉徴収されておしまいです。

なにがここで問題かというと…「みなし配当以外」の取り扱い。

これが源泉徴収の対象ではなく、さらに配当所得ではなく「譲渡所得」になってしまうことです。取り扱いが違うんですね~。

ここまでがおさらいです。。。

全員にきちんと合計1000円の配当があるはずです

私の場合、松井証券でもSMBC日興証券でも、配当金の振り込みとして

209円 → 源泉徴収あり
791円 → 源泉徴収なし

で振り込みがありました。791円は「配当」の名目で入金されていましたが、源泉徴収対象となっていませんでした。

合計で1000円の配当となります。これが、信用売りで発生する配当落ち調整金1000円と相殺されることになります。

791円の考え方

ここで「みなし配当以外」の791円について考えてみます。
簡単にいうと、この791円、ラウンドワンに株式の一部を売却したと考えましょう

ここがポイント。

ラウンドワンに791円分の株式を売却し、その分の譲渡益を得たと考えます。
そして、みなし配当の209円と合算して、1000円の配当相当をいただきました、と思えばいいかもしれません。

ですから、全員にきちんと合計1000円の配当があります。
じゃあ、売却した分はどうなるのかというと、取得株価が下がることになります。

通常の取り引きを例にしますと・・・
600円300株、180000円分の株を持っていた場合、
100株売ると、60000円現金でもらって、取得価格は120000円に減少します。

今回のラウンドワンの場合、

600円で100株持っていたとして、その株価の0.015倍、株をラウンドワンに売却したと考えます。
そうすると60000円の0.015倍の900円分、ラウンドワンに株を売却し、取得価格は900円減少して59100円となります。

この900円分をラウンドワンに売ったことにしてしまうんです!

でも、配当は791円じゃ?

価格調整でラウンドワンに900円分売ったことにしたのに、実際には791円しか受け取っていません。この差額、109円損してます。。。

これが「みなし譲渡損」となるわけです。

これを、確定申告で返してもらいましょう、という話になりますが、特定口座で源泉徴収あり、比例配分方式を選択の場合、基本的には計算してくれるようです。
(源泉徴収されてなかったので、年末に配当所得との通算時に調整されるのかな?)

価格調整日に株を持ってないけど…

クロス取引などした方は、価格調整日である12月2日に株を持っていない方も多いはず。

価格調整は価格調整日に株を保有している人に適用されます。
その時点でラウンドワンの株を手放してしまっている場合には、特に価格調整は行われません。(調整する株を持っていないので当たり前ですが)

みなし配当以外の791円を受け取って終了となるはずです。

特定口座で確定申告の要不要は、ラウンドワンの説明では基本的に不要とのことですが、各証券会社によって対応が分かれるらしい?ので、気になる方はきちんと証券会社に問い合わせて対応の要否を判断したほうがよさそうです。

関連コンテンツ
広告
スポンサード リンク
スポンサード リンク
広告
スポンサード リンク

コメント

  1. しゅう より:

    あんこさん、おはようございます^^。

    わかりやすい説明ありがとうございます♪

    大分理解できました。

    でも、まだもやもやしている部分が^^:。

    理解力不足ですね>私。

  2. あんこ より:

    しゅう さん、こんばんはー。
    本当に、こういう制度って難しいですよね~…。

  3. しゅう より:

    あんこさん、こんばんは^^。

    1日中考えて、頭がオーバーヒートしているしゅうです^^;。

    よく分からないところを、再度記事にさせていただきました^^。

    ほんと、難しいですね。クラクラしてます^^;。

  4. あんこ より:

    しゅうさん、こんばんは。
    うーん、難しいですよね~。。。 こちらも、説明が及ばす申し訳ありません^^;
    ちょっと再度、説明のリベンジしようかと悩んでいるのですが、どうもうまく表現できないんですよね~。話が複雑なので…。

  5. しゅう より:

    あんこさん、こんばんは^^。

    だいぶ理解がすすみました^^。

    難しいですが^^;。

    とりあえず流れは分かりましたので、追記しました。

    もしお時間がありましたら、目を通していただけるとありがたいです^^。

  6. あんこ より:

    しゅうさん、こんばんわ。
    ブログ拝見しました。平日はちょっと落ち着いて時間が作れないので、またお休みの時にでもじっくり考えたいと思います~。
    なかなか時間がなく…すいません。

  7. しゅう より:

    あんこさん、こんばんは^^。

    お忙しいのに無理を言って、すいません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)