建売住宅購入の記録 その2 買付申込書で値切る!

  • 0
ブログ運営用

この記録は、建売住宅を取得した道のりを記した記録です。
何かの参考になればと思い書いてみました。第二回目です。

白紙の買付申込書を持参して不動産屋さんと相談

買付申込書、とは、売主さんとこの値段で購入するけど、どうでしょう?という意思表示に使うもの。この段階では交渉段階。法的になんら拘束力はありません。

家電屋さんで行ったら、このテレビ●万円なら買うけど、どう?って聞いてるのと同じ段階。

当然、家電を買うときだって、表示価格よりも値切りますよね。
不動産も同じこと。買付申込書で、現在の売値をそのまま書いたら、当然売主はOKするに決まってます。でも、多少値切られてもいいように価格設定してるのが通常です。

ちなみにあんこの物件の価格推移はこんな感じ

建売中に出されていた値段が2500万。
建設終了時(9月初め)に値引きで出された値段が2300万円の物件でした。
さらに不動産屋との下見中の雑談中の交渉で、2200万円までなら、内々で売主もOKと言っているとのこと。

建築終了時の2300万円から、さらに100万円下げた2200万円という値段は、おそらく売れなかったときにもう一段下げるつもりの値段でしょう。
このまま11月くらいまで売れなければ、表示価格も2200万くらいまでは下がると思っていましたので、ここまでは下げてくれると思っていました。(こんなにあっさり安くしてくれるとは思ってませんでしたが)

さあ、ここからいくら値切れるか、です

2200万という値段は、売主側の方も当面の最終価格設定であると思いました。ここからいくら値切れるかですが…あんまりな値段を指して、売主さんに門前払いされても困りますので、そこのところの塩梅を不動産屋さんの様子を探りつつ、決めようと思ったのです。

交渉するのは仲介である不動産屋の役目ですので、いくらくらいなら強気で行けるかなどを聞いたりしましたが…
あくまでも不動産屋さんは「あんこさんが購入したい値段を書いてください」と言い続けていました。最終的には、内々の値段、2200万円から100万下げた2100万で指してみました。2200万との間の2150万くらいで折り合うくらいか、ということになり、とりあえず2100万で買付申込書を出しました。

この指値を決める時にも、「いい物件で欲しいんだけど、これからいろいろと費用が掛かるから~」と素直にもっと引いて欲しいということをアピールしながら会話しました。また、不動産屋さんに値切ってもらうので、なるべくいい条件で購入できるようにお願いします、というお願いする態度は忘れずに。

おかげで、オプション扱いの網戸は不動産屋さんがうちでサービスします!ってことになりましたよ。ありがとう!! いいお客さんには良いサービスをしてくれるモノです。良いお客になるというのも、不動産を上手に買うコツかなあとか思いました。

あとは不動産屋さんの交渉力しだい

仲介の場合には、売主との価格交渉は不動産屋が行います
そのための仲介料です。しっかり働いてもらわないといけません。
2100万は無理でも、良くて50万、悪くても20~30万は引いてくれるだろうなあと思って、買付申込書を手渡しました。

50万も安くなったら、だいぶ違いますよね!

よろしくおねがいします~といって、その場を去り、今度は地銀に事前審査の申込みに行きました。

今度は事前審査の申し込みと担当者に金利の交渉です!!
第3回に続く~と思います。
第3回は金利交渉の様子と、買付申込書の交渉結果を書きたいと思います。
時間があるときに更新しますので、不定期となることはご容赦ください^^;

関連コンテンツ
広告
スポンサード リンク
スポンサード リンク
広告
スポンサード リンク

コメント

  1. おーすけ より:

    あんこさん。いつも楽しく拝見させていただいています。
    今回の内容とは全く関係ない質問なのですがお教えください。
    コロワイド500株をカブコム一般でクロスした場合、費用はいくらになりますか?
    よろしくお願いします?

  2. あんこ より:

    おーすけさん、こんばんは。
    いまからカブコム長期で3月までクロスするとなると、株価1700円、500株、貸株日数を180日で計算で、ざっくりですが8700円くらい必要だと思います。
    GMOで制度買い、現引きでカブコムに移管した場合は、8000円くらいです~。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)