FPに興味のある方にはおススメの本 「40代からのお金の教科書」

  • 0
P1000502

こんにちはー。
さて、ギリシャ、デフォルト濃厚ですか??
明日以降、株価はどうなるんでしょうねえ・・・??

ギリシャ支援、延長せず=デフォルト濃厚―ユーロ圏会合

さて、この土日は、FP関連の本を読んでいました。
栗本大介さんの「40代からのお金の教科書」という本です。

具体例がたくさん盛り込んであるので購入を決めました

あんこ自身、自己啓発でファイナンシャルプランニング技能士2級(FP2級)とAFPを取得しました。でも、実際、その知識を活用できるか?というと、なかなか、試験に合格するだけの知識では物足りないです。知識はあるけど、その知識を使う知恵や経験が身についていない、という感じです。

あんこのように、実際にFP関連業務に携わっていない人は、なかなか、ここを磨くことが難しいです。ですので、こういうFPの実践的な具体例がたくさん書いてある本は貴重かなと思いまして、面白そうだなーと思って購入しました。

キャッシュフロー表をはじめ、数字がいっぱい!

本書は、キャッシュフロー表を基に、いろいろと診断されている具体例が掲載されています。これを見ますと、キャッシュフロー表を見慣れたFP勉強者、合格者はすっと頭に入ると思いますが…この表を見ただけでも敬遠してしまう方もいるかもしれませんね~。 また、そのほか、色々とお金の計算事例がたくさんあります

もちろん、計算することによって、いろいろと説得性が増すので重要だとは思うのですが…わたしは、あんまり数字は気にしないで読んでみました。数字以外のアドバイス的なもの、特に黒字で強調されているところの前後をしっかり読むだけでもかなり為になりますよ~。

わたしは、数字の計算が好きなので、数字を見るのも楽しいんですけど、とりあえず内容を把握したかったので、1回目はざっと読み、つまり、あんまり、数字は気にせず読んでみました。もっと熟読したいので、何回か読む過程で、数字はきちんと押さえていきたいと思っています。

いろいろと共感できるところがたくさんありました。

栗本さんの考え方が、ところどころにちりばめられています。そこが、日ごろ、私が思っていることが書いてあったので、とても共感できました。

ローンの考え方として良い借金・悪い借金、時間の考え方、保険営業員や専門家への相談をするときに気に掛けるポイント、投資信託の活用の考え方、年金の保険性などなどです。私の考え方とほぼ同じでしたので、自分の感覚が、このように第一線で活躍されている方と同じ意見であったので、とても心強かったです。

ということで、900円も行かない値段の新書で、これだけのことが書かれているのはとても貴重だと思いました~。新書で携帯しやすいっていうのも良いですね^^

ということで、おススメします!

自力で家計の診断をしたいなーと思っている方、FPに興味のある方、これからFP受験しようとしている方などにおススメします~。たくさん、家計を見直すためのヒントがあると思います。今なら、新刊コーナーにあると思いますので、ぜひ、実際に本屋さんで手に取って、内容を見ていただきたいなと思います^^

では、今週も頑張りましょう!

関連コンテンツ
広告
スポンサード リンク
スポンサード リンク
広告
スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)