不適切な会計処理と粉飾決算

  • 0
P1000520

おはようございます。
東芝がいろいろとやばいですが。。。ここで使われている「不適切な会計処理」と「粉飾決算」の違いって?という疑問がわきました。どう違うんでしょう?

粉飾決算とは?

Wikipediaを引用します。

会計用語の一つで、会社が不正な会計処理を行い、内容虚偽の財務諸表を作成し、収支を偽装して行われる虚偽の決算報告を指す。

ここで「不正な会計処理」「偽装して」「虚偽の決算報告」と書いてあります。

「不適切な会計処理」を行っても結果的には誤った決算報告になるわけですが、
何が違うかというと、これが意図的に行われたかどうか?ってことでしょうか。

http://mainichi.jp/select/news/20150515k0000m020099000c.html
毎日新聞の記事でも

専門家からは「意図的であれば粉飾決算だ」と批判の声があがっている。

という記事がありますので、やっぱり、そういうことなんでしょう。あとは規模とかそういうのも関係するんでしょうか。
誤った決算報告、という結果は同じであれ、意図的かどうか、という証明って難しそうですね。
粉飾決算が行われた、と決めるところって、どこなんでしょうかねえ? 東証? 裁判所? 自首的?

こう考えると、よくわからないことって多いなあ…。

関連コンテンツ
広告
スポンサード リンク
スポンサード リンク
広告
スポンサード リンク

コメント

  1. O.A より:

    マスコミが大口?広告主の東芝に気を使って
    不適切な~と言っているんじゃないかと勘ぐってしまいますw

  2. anko より:

    O.A さん、コメントありがとうございます!
    たしかに、そういう大人の事情(?)も垣間見えるような…。「粉飾」という言葉には気を使っていると思いますね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)