オプション取引の勉強です。

  • 0
P1000520

オプション取引を勉強しています。
でも、専門用語が多すぎてくじけそう…。何回やっても覚えられません。

英語の専門用語が多すぎです!

絶対に覚えなきゃいけない用語と思われるものを簡単な日本語にするとこんな感じでしょうか。

コール:●円で購入する権利
プット:●円で売却する権利
プレミアム:権利の値段。買い手が売り手に支払う値段。

この辺までは簡単に理解できる。

アウト・オブ・ザ・マネー:現在の価格よりも不利な状態(権利行使されない状態)
イン・ザ・マネー:現在の価格よりも有利な状態(権利行使すると利益が出る状態)
アット・ザ・マネー:現在の価格と等しい状態

まあ、なんとか。ふ~んって感じ。このあたりから覚えるのが大変に。
そして、実際に使おうとすると頭がこんがらがってきます。

例題)次の言葉を、英語を使わず日本語だけにしなさい。

問題1)アウトオブザマネーの権利である17000円のプットオプションプレミアムが12円です。

解答例)現在の価格よりも不利な状態である17000円で売却する権利の権利価格は12円です。
問題2)アウトオブザマネーの権利である22000円のコールオプションを売る場合に受け取れるプレミアムは3円です。

解答例)現在の価格よりも不利な状態である22000円で購入する権利を売る場合に受け取れる権利価格は3円です。

こんな感じ?

う~ん、だんだん難しくなってきました。
けど、このくらいはきちんと覚えないと、オプション取引は出来ないですね。頑張って使えるようになりたいと思います。

プレミアムの価格は何で決まる?

簡単に言うと実際の価格清算までの期間で決まる、ということです。
実際の価格に近ければ近いほど高い。
清算までの時間が長ければ長いほど高い。

時間、という要素が価格に盛り込まれるのが面白いですね~。

もっともっと専門用語が盛りだくさん!!

このほかにも、ポジションの取り方など戦略が絡んでくると
ストラドル、ストラングル、スプレッド…に買い、売りが絡み…。もう大変です。
さらに、指標としてインプライド・ボラティリティやデルタ??

わけがわから~ん!!

ということで、少しずつ、身に着けていきたいなと思います。。。
このむずかしさが、多くの人が踏みきれない理由なのかなと思います。

オプション取引は恐ろしい!?

東日本大震災の時、こんな事件があったのをご存知でしょうか??

【震災後の株価急落に見る「売り」のリスク】

6月限もの7500円で売る権利(プットオプション)が2011年3月15日の取引で今までの7円くらいから一時1350円と約192倍に急上昇!!
約200倍!? デスヨ…。

7000円を得るために…135万円の損失!?
まあ、この時はすぐに平常に戻ってますから、ロスカットされた方がものすごい損失を蒙った、ということです。

昨年も100倍が越えがあった

昨年11月の黒田バズーカーの時も、プレミアムの価格が100倍ごえしました。
日経平均株価の11月限もので、16500円で購入する権利(コールオプション)が
5円→520円に跳ね上がったそうです。

売り手は…1枚で5000円のプレミアムを得るために取ったポジションを最悪52万で買い戻す羽目に…。

このように、オプションを「売る」のは損失が無限大なので注意ですが、きちんとリスク管理をすれば、そんなに問題ないかと。つねにリスク管理をすれば、オプション取引も損ない怖いものではなく、むしろリスクを分散するうえではとても便利なものかなーと思っています。
まあ、まだまだ勉強が足りませんが、奥が深くて面白いなあ~、と思っているあんこでした。

関連コンテンツ
広告
スポンサード リンク
スポンサード リンク
広告
スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)