出世魚とコバンザメ

  • 0
P1010160

こんばんはー。
出世魚とコバンザメ。何のことやら?と思った方も多いと思いますが、今日は東証一部上場鞍替えなど、大きな市場などに鞍替え期待する銘柄を先行投資する投資法について話題にしたいと思います。

なお、あんこが勝手に思ったことですので! ご了承ください。

コバンザメ投資法と出世魚投資法

コバンザメ投資法とは、東証一部鞍替え発表のあった銘柄を購入していくというものです。
東証一部鞍替えしたあとにTOPIXに組み入れられ買い需要が発生することを期待しての購入となります。みんなが期待して購入するので、買い需要が勝って株価が緩やかに上昇する、という値動きを狙っています。

出世魚投資法とは…あんこが勝手に名づけました。
東証一部上場鞍替えなど、大きな市場などに鞍替え期待する銘柄を先行投資する投資法、です。
以下、勝手に出世魚投資法と呼びます。最近は、この期待=買い需要となり、期待が持てる銘柄が買われる傾向があるように思います。

出世魚投資法に異変?

最近、私が最近思っている事を記事にしてくれたブロガーさんがいたのでご紹介します。
サラリーマンブロガーとして有名な紅の鹿さんのブログです。

東証1部昇格候補先取り投資法に異変!?

紅の鹿さんも指摘されていますが、この出世魚投資法の値動きが以前と異なってきているなあと私も感じています。

丸和運輸機関で感じる異変

丸和運輸機関という銘柄が最近東証一部鞍替え発表後、寄り付き後に下落しました。
相互リンクしていただいているライトさんも記事にされています。

丸和運輸機関が暴落

どういうことなのかというと、出世魚が広く知られるようになって、東証一部鞍替えが「ゴール」と思う方が多くなったのではないでしょうか。なので、鞍替え発表と同時に、いわゆる「出尽くし」で売られてしまうようです。

日本商業開発も一部鞍替え後は軟調。

これは同時に増資を発表した影響もあり短期資金が流れ込んで株価が乱高下しましたが、
結局のところ、その後は今までの勢いをなくして株価は低迷しています。
たぶん、それまで買われていたのは、やっぱり「期待」からでしょう。
東証一部に行けば、信用力が増して…という話もありましたが、株価としては低迷中です。

従来だと、鞍替え⇒TOPIX組み入れや信用力の増加で好影響⇒成長期待⇒さらに買い需要…というように、株価が上昇していくパターンを想像するのですが、最近だと鞍替え期待銘柄一覧みたいな情報もたくさんあって、その前に買われてしまうんですよね。

TOPIX組み入れ買い需要期待、いわゆるコバンザメ投資による買い需要やTOPIXによるファンドの買い需要よりも鞍替え期待で購入していた人の「出尽くし売り」が勝ってしまって、
鞍替え発表→売り→下落→低迷というパターンに陥る銘柄があるということです。

いま、あんこは出世魚期待として、モリト、ラックランドなどを保有しています。どちらも結構な含み益になっていますが、これらも東証1部鞍替え発表したらどうしようかなあ…。出世魚+優待株(特に新設された銘柄)の組み合わせで、出世魚として期待が大きい銘柄は、東証一部鞍替え発表後は危険な気がします。

ということで、ちょっと思っていたことを記事にしてみました。

本日の持ち株

今日も上げてくれました。
日経2万リーチですが、あんこの持ち株はあっという間に含み益60万リーチです。
今日は+9000円、含み益は594000円となりました♪

GMOクリック…暴れ馬だなあ…。

関連コンテンツ
広告
スポンサード リンク
スポンサード リンク
広告
スポンサード リンク

コメント

  1. 小坊主 より:

    こんばんは^^

    「出世魚投資法」
    うまいっ!!

    わかりやすい良いネーミングだと思います。

  2. anko より:

    小坊主さん、こんばんはー。
    ありがとうございます。コバンザメと同じ魚系でネーミングしてみました。流行らないかなあ^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)