「FPになって独立・開業わずか2年で年収1千万円を稼ぐ!」を読みました

  • 0
勉強アヤメ

おはようございます。

朝からファイナンシャルプランナー関連の書籍を読んでいました。

柳沼正秀さんという方が書いた本です。
初版が2004年ですので10年くらい前の本になりますが。

「FPになって独立・開業わずか2年で年収1千万円を稼ぐ!」

まったく異業種の方が50歳近くで独立開業した経緯が記されている本です。
サラリーマン時代、安定収入がある時に努力され、万全の準備をして独立したという記録です。

この本を読んだ理由

私は別に今の仕事はきついですが面白いので脱サラなどは考えてはいません。FPの独立を目指しているわけでもありません。
単純に、FPの勉強がすごく面白いだけです。
FPの勉強を続けるにはどうしたらいいかなあ、と思って、FP2級取得後、通信教育で口座を受けて終了し、AFPも申し込み中です。(AFPは民間資格で、国家資格ファイナンシャルプランニング技能士2級を取得した後でも、認定通信講座を修了すれば取得することができます)
AFPに申し込んだ理由は、もっと実践的なFPの勉強する場があるのではないかという期待もあり、まったく異業種に努める私にとってはありがたいかなあと思ったからです。

このように、まったく異業種で、サラリーマンで勤めながら情報収集、勉強するにはどうしたらいいのかなあと常々思ってたので、興味がわいて上記の本を手に取ってみました。
独立して年収1000万まで確保した方の体験ですので、大いに参考になるのではないかと思いました。

この本をざっと読んでみて思ったことは、やはりFPとして活躍できる方は努力を惜しまない、ということなんだと思います。そして、他の人よりも営業力、社交能力も必要です。いろいろ活用して人脈を広げていくんだなあというのがよくわかりました。

ただ、人一倍努力しないと、独立なんて無理!っていう雰囲気も伝わってきましたよ^^

ファイナンシャル・プランニング技能士にとっての株式投資

最近、私と同じように、ブログ村でFP受験されている投資家の方たちをお見受けします。FPにとって株式投資の分野は「金融資産運用」というところに当たります。
金融資産運用、ですから、株式投資以外にも債券、投資信託、ポートフォリオ運用、金融派生商品、税金などの幅広い知識が必要とされます。

FPの取り扱う範囲年金、保険、不動産、相続など範囲は広いのですが、わたしが実践できているのはこの金融資産運用分野だけですね^^;
…で、FPの勉強をしたからといって株式投資が上手になるわけでもありません^^;;

また、本当に投資に特化した勉強がしたいなら外務員や証券アナリストの方がいいように思います。

なんでファイナンシャル・プランニング技能士にしたのか?

お金について「世帯」という単位で考えた場合、資産を増やすのと同時にリスク管理をきちんとしたかった、というのがあります。また、世の中のお金の仕組みについて勉強したかった、というのもあります。

投資は資産を増やすことを目的としていますが…リスク管理もしていきますよね(全力二階建て!って方もいるかもしれませんが)。
これと同じで、年金、保険、相続などで、きちんと世帯全体のお金の管理を、人生という長い期間を考えてリスク管理をしなくてはならないと考えています。この思いは、子供ができてから強く思うようになりました。

まあ、簡単にいうと、あんこは株に限らずお金の計算や試算が好きなんですよ^^

ブログでの相談業務も実務経験?

以前、ご紹介したブログですが、ブログでの相談業務も実務経験にしてもらえる可能性があるようです。

実務経験がないときはFPサイト運営という裏技!

わたしも、FPの勉強を続けつつ、ブログを続けて行って、投資に関する税金の話とか、資産設計などの話で勉強したことなどを発信できたらいいなあ、と思ったりもしています。
ということで、引っ越して1か月半くらいたちましたが、今後もFPの勉強は続けていきますので、当ブログをよろしくお願いいたします。

関連コンテンツ
広告
スポンサード リンク
スポンサード リンク
広告
スポンサード リンク

コメント

  1. おやじ より:

    資格としては、さらに上位の弁護士や税理士でも多くの人は稼げないようですね。
    結局、単なる自営業者ですから営業力次第ということに。

    証券アナリストなどもほとんど実戦(株式投資)とは関係ない試験内容になっていますし、あくまで証券・銀行内での関連業務の資格取得者としか意味がないのかと。

    ちなみに私は証券会社の調査部門経験者で証券アナリスト資格者ですが、投資・運用にあまり役にたつとは思えません。名刺に日本証券アナリスト協会検定会員と記載することで多少は箔が付いたのかといった印象です。

  2. anko より:

    おやじさん、こんばんはー。コメントありがとうございます。
    そうですよね~、士業の方たちも、個人で開業となると営業力がかなり重要なんだと思います。実力あっても、営業力がないと仕事が来ないですよね。

    証券アナリスト持ってるんですかー。憧れます。でも、そんなに役に立たないですか…。知らない世界なので、とても参考になります。ありがとうございます。
    でも、私の場合、完全に自己満足の世界ですから、それだけで取得したり勉強したりする意味があると思うんですよね~。趣味です^^ あ、あと、ブログにFPとか、株式投資に関連しそうな持っている資格を書いたら、あ、すごい?って思われるくらいですかねえ? そういう意味では、ハクがつく名刺みたいなもんですね。

    趣味ですので、AFPとったら、可能ならCFPとか証券アナリストとか、取ってみたいなあと思っています。本業の方もあるので、なかなか時間が取れませんが、コツコツやっていきたいと思ってます。

    また、いろいろと教えてください。コメントありがとうございました。

    ところで、証券アナリストは、まったく関係ない職業の人が受験するには、難しいのでしょうか? たしか、実務経験がないと会員にはなれず「会員補」までにしかなれないと思ったのですが、「会員補」になるまでも難しいですか?

  3. おやじ より:

    こんにちは。

    下記のサイトは、義弟が何か国家試験を受験しているとの話が出た中で、何だろうかと調べた際に参考にしたものです。難易度評価が正しいのかどうかもわかりませんが、一つの見方としてご参考までに。

    証券アナリストは、長い間通信教育を受ける必要があり、最終的に実務経験が必要ですので、関連業務に勤務しておられる方かこれから勤務しようと思われている方以外は不可能になります。
    ただ、1次試験に合格すれば検定会員補に登録可能です。

    前回記載しましたが、個人投資家レベルの運用のための知識という点では、あまり役に立つとは思えません。
    その勉強時間を使って、株式関係の書籍を読破したらすごいすごい知識を得られるかと。
    でも、何か資格取得するために努力されるのはすばらしいことですので、ご検討をお祈りします。
    ご存知かもしれませんが、もしアナリスト試験の内容を知りたいと思われるのであれば、東京にお住まいならば茅場町にある本屋(店名を失念)や八重洲ブックセンターで参考書を見られたらと思います。

    http://www.newtongym8.com/RANK-ZM.htm

    https://www.saa.or.jp/curriculum/

  4. anko より:

    おやじさん、わざわざ、ありがとうございます!
    とても参考になりました。東京には時々出張で行きますので、八重洲ブックセンターで見てみようと思います。
    とりあえず、資格は今の流れからCFPかFP1級かな。こっちの資格は、個人レベルで生活に十分役に立ちそうですし。
    証券アナリストは、その後のステップアップで考えてみたいと思います。ありがとうございました。それにしても、証券アナリストってランキングから見ると難しんですね~…。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)