バブル末期には、ある商品が急騰して急落する? 

  • 196

とある有名な方のツイートからの引用ですが、バブル末期には何かしらの商品が高値から崩壊しているそうです。そこで調べてみました。

ITバブル

ITバブル崩壊と言われたのは2001年ごろです。
正確にいつ崩壊した、というのはなさそうで、急に減速した感じ。
FRBの利上げがきっかけともいわれています。このあと、アメリカの同時多発テロも大きな影響を与えています。
この時、パラジウムが2000年1月、1500円程度だったのが、2001年1月には3700円くらいまで値上がりしました。しかし、2002年1月にはまた1500円程度まで戻っています。その後、2003年には600円を割れています。。。
この時、アメリカの利上げ期間は…1999年6月~2000年5月(4.75%→6.50%)だったみたいです。

リーマンショック前

日経平均自体は2003~4年あたりを底に、リーマンショック前までの2007年くらいまでですかね。小泉バブル、と言葉ではよく言いますが、用語は定着していない模様。サブプライムローンによる住宅バブル、といったほうが良いのかもしれませんね。

それはさておき、この時、原油がえらいことになりましたよね。
その直前の伸び方もすごい。完全にオーバーシュートです。

この時のアメリカの利上げ期間は、2004年6月~2006年6月(1.00%→5.25%)だったようです。

現在は…?

いま、仮想通貨がオーバーシュート気味になっています。
現在、何バブル?と言われても何バブルなのかはよくわかりませんが。
ただ、日経もNYも高値を付けてきていて、アメリカは利上げ局面に入ってきていて…そして仮想通貨という商品がオーバ―シュート気味に。

確かに、バブル崩壊前はある商品がドドーンとオーバーシュート気味に値上がりして、その後急落し、そのあと、何かしらのショックが起きています。ただ、過去のショックは、アメリカの利上げが1~2年続いた後、やや時間を置いて起きていますね。
まあ、アメリカも利上げはかなり慎重ですし、過去の状況と今の状況は全く違うので、どうなるかはわからないですが。でも、なんとなく、現在の仮想通貨はバブル気味だと思っていますので、私は仮想通貨がもし崩壊したら、何かの警告かと思って、いろいろと考えなくちゃなあと思っています。

ではでは~。

関連コンテンツ
広告
スポンサード リンク
スポンサード リンク
広告
スポンサード リンク

コメント

  1. 池ちゃん より:

    あんこさんはおはようございます。
    最後はどれもババ抜きで最後に掴んだ人が損をするシステムですね。
    実は株式相場の急騰株はそんな要素がいっぱい。
    電車に乗り遅れるなと焦らす人が必ず出てくる。
    いつの時代も同じですね。

  2. あんこ より:

    池ちゃんさん、こんばんは。
    そうですねー。結局、イナゴタワーと一緒ですが、最後はババ抜きとかバケツリレー状態ですよね。今回の仮想通貨もそんなならなければいいのですが。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)