103、106、130、141万円の壁

  • 0
DSC_0548

今日はFPの勉強記事です。
配偶者の年収の壁についてまとめます。

103万の壁

所得税に関する壁。
内訳は基礎控除38万+給与所得控除65万=103万

これを超えなければ、所得は0になりますので所得税がかからない。そして稼ぎ頭の方が配偶者控除(38万)の適用を受けることができます。

稼ぎ頭の所得税率が仮に20%(課税所得が330~695万)なら、38万の所得控除は実質76000円税金が減ることになります!
ただ、この103万を超えても、配偶者特別控除があるので、段階的に控除額が減らされていき、控除額がいきなり0になるわけではありません。
収入が増えた分に見合って、控除額も減額されていく仕組みとなっています。

どちらかというと、手当の方が問題かもしれないです。
この103万を超えると、稼ぎ頭の方に支給されていた「家族手当」or「配偶者手当」が支給停止になる場合があります。会社によって基準はまちまちなので、なんともいえませんが。
手当がなくなると、例えば月5000円出ていれば、年間6万減らされるわけですから…結構大きいです。

この手当の存在が女性の活躍を妨げると言われていて、先日、見直すような報道がなされていました。ただ、単に廃止するだけだと給与が減らされるだけなので、それを防ぐために、ほかの手当を分厚くするとか、そういう議論もあるみたいです。どうなるでしょうね?

130万の壁

これは年金、健康保険に関する壁。
130万を超えると、年金と健康保険に加入する必要が出てきます。

130万を超えなければ扶養の範囲内になるので払わなくていいのですが、130万を超えると年金と健康保険料の支払いをする必要が出てくるため、手取り額はかなり減額します。この壁はかなり分厚いです。

141万の壁

配偶者特別控除が受けられるか受けられないかというラインとなりますので…そこまで大きな壁ではない?

106万の壁

この壁は2016年10月からできる壁です。
↓の要件を満たす一部のパート勤務の方は、社会保険(年金・健康保険)への加入が義務付けられるようになります。要件を満たすと、130万から一気に106万まで壁が引き下げられます。

・勤務時間が週20時間以上
・1カ月の賃金が8.8万円(年収106万円)以上
・勤務期間が1年以上見込み
・勤務先が従業員501人以上の企業

秋から、いろいろ対策が出てきそうですね。。。
公的年金や健康保険の壁は、今までの130万の壁同様、かなり分厚い壁です。将来的な年金の心配をされている方は自分で納めた方がいいかもしれないですが…。

だいたいは現在の手取りを増やしたくて働いてる人がほとんどじゃないかなあと思うので…こうなると、時間を減らしてしまうひとが大勢出るかもなあと思ったりしています。1日5時間、1か月22日間勤務、時給800円=88000円ですね。結構、フルタイムで働くパートさんにとっては、微妙なラインに設定してきたなあと思ったり…。
以上、壁についてまとめてみました。
所得税と年金・健康保険の壁がごっちゃになりやすいので、受験時には要注意ですね。

では~。

関連コンテンツ
広告
スポンサード リンク
スポンサード リンク
広告
スポンサード リンク

コメント

  1. しゅう より:

    あんこさん、おはうようございます♪

    年収の壁、よく聞きますが、分かってなかったので解説頂きましてありがとうございます。
    おかげさまで、理解できました♪

  2. あんこ より:

    しゅうさん、こんにちは。
    読んでいただきありがとうございます。4月、5月は、優待も少ないですしね、株以外にも、FP関連の記事も、私の勉強がてら、記事にしていきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)