日本郵政のPOのポイントを自分なりにまとめてみた

  • 0

おはようございます。
さて、日本郵政のPO,どこの証券会社も必死にPRしてますね。
それもそのはず、これだけ大規模になると、なかなか撒くのも大変でしょうし。

で、応募するのを迷っているので、考えをまとめてみました。

日本郵政POのおさらい

国内売出 731,150,100 株 ・国内追加売出 60,929,200 株
規模:海外売出しも含め約10億株弱、金額は1.4兆円弱。
値決め:25日~27日。例えば、SBI証券では最短で25日11時がBB締め切り、最長で27日11時に締め切りです。
ディスカウント率:2%~4%。
受渡:値決め日+4営業日。つまり9月29日~10月3日です。

日本郵政のPOのポイント

あんこ的にPOのポイントを整理してみました。

×上場以来、株価は低迷中。先も明るいとは言えない。
×規模は約10億株、1.4兆円と半端なく需給悪化懸念あり。
×PO発表から値が吊り上がってしまった。(報道前から100円くらいも!)
×各社、買い手を探すのに必死に営業していると噂も? それだけ買い手探しが難航か??

○同時に自社株買いを発表して需給悪化を緩和しようとしてる。
○売り出しのみで希薄化はなし。
〇10月から日経255採用が決まっており、ファンドの買い需要が見込める(このPOの規模に対してのインパクトは不明。個人的には、あまりないと思っている)
〇機関投資家がかなり握ることになれば、見た目よりも短期の需給悪化はないかもしれない。
〇安定的で高配当。昔の東電のように安定志向の方たちに人気があるかも?
〇9月権利と被るため、25日値決めだと中間配当25円予定。

◎今後も売り出しがあると考えると、今回成功させなきゃ後がない。幹事団の面子にかかわる。

思いついた感じ、こんなもんですかねー。

権利落ちに関わること

ちなみに、25日値決めなら、29日受け渡しで9月末の中間配当25円が貰えます。
この場合は、値決め価格も25日の終値からディスカウントされた金額になります。

ところが、26日に値決めした場合、10月2日受け渡しで権利落ちとなるため、
26日の終値から中間配当相当金額25円を引いた価格からディスカウントされます。

つまり、権利落ち後は価格調整されるので、理論上の有利不利はないということになります。

で、どうする?

私はいくつかの証券会社で参加してみようかと思います。
なんといっても、◎の理由から、大損はしないだろうというのが理由です。
過去のJTの時も考えれば…まあ、悪くてもそこまでひどい結果にはならないかなと楽観視。
だいたい…IPOの時も評価が分かれて、開けてみればかなり良かったですしね。ただ、9月権利と被るため、その分は優待取り資金に回せないので…そこが厳しいところです。

おそらく、当選0ということはあり得ないと思うので、出口戦略も迷いますね><

ではでは~。

関連コンテンツ
広告
スポンサード リンク
スポンサード リンク
広告
スポンサード リンク

コメント

  1. 伊良部 より:

    あんこさん,こんばんはー^^

    郵政PO,配当落ちは気にしなくていいんですね!
    貴重な情報,ありがとうございます(><

    それなら,下手に9月優待取りに資金回すより
    郵政POに軸足を移したほうが効率いいかもしれませんね。

    優待取りの残りの候補の平均利回りは0.6%。
    郵政POは即売りしたとしても1%くらいは利益出るんじゃないかと勝手に妄想(^^;

    とりあえず,いままで無駄に保有し続けてきたタコ足配当の投資信託を売って
    郵政POに回す決心をしました!

    • あんこ より:

      伊良部さん、おはようございます。
      まだ1週間ありますし、わたしは優待取得資金とにらめっこしながら考えたいと思います~^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)