【立会外分売】 ダイイチ(7643)

  • 0
不参加マンボウ

【立会外分売】 ダイイチ(7643)の予想とスタンス

分売数量 281,000株
分売前営業日終値 1,136円
申込上限 5,000株
分売価格(割引率) 1,114円 (1.94%)

あんこ的チェックポイント

チャート:夏に1400円台まで上昇した後は下げっぱなし。ここの所は切り返してきて上昇基調になっています。
信用売り:不可。
分売量: 発行済み約572万株。浮動株は11.8%で約67万株。普段の出来高は数千株、少ないときは数百株の時も…。ちょっと多いかなあと思います。

あんこのスタンス:不参加

最近上昇基調なのはいいのですが…流動性が悪く今日の出来高も13枚。最近、分売の地合いはよいのでそこまでリスクはないかなとも思いますが、特に積極的に参加する理由もないなあということで不参加です。

他の方のスタンスは?

立会外分売研究所
分売データがまとまっており、評価や短評も見やすく、とてもわかりやすいです。

広告
スポンサード リンク

【立会外分売】 ***(****) の結果

始値 ***円
終値 ***円

あんこの結果
(>人<)

関連コンテンツ
広告
スポンサード リンク
スポンサード リンク

コメント

  1. より:

    はじめまして。いつも、楽しく読ませていただいております。
    ところで、11月の優待を得るために、現物買いと、空売りをしたいのですが、たとえば、いま逆日歩のついていない銘柄を、明日空売りしたとすると、逆日歩はつかないのでしょうか。それとも、売買が成立してみないと、わからないのでしょうか。
    また、決済までの4日間、最初につかなければ、そのまま大丈夫なのか、よくわかりません。
     お暇なときに、お教えください。宜しくお願い致します。

  2. あんこ より:

    遥 さん、こんばんわー。
    逆日歩というのは、空売りした日の次の営業日に決定しますので、空売りした日にはわかりません。
    また、毎日逆日歩は変わります。4日間、持ち越した日毎に逆日歩が次の日決定します。そして、その決済までについた逆日歩の合計を払う必要があります。たとえば、1~3日目は0円だとしても、4日目が権利日で逆日歩が数万円つく、ということもあり得ます。

    余談ですけど…寄りの成行きで制度信用売りと現物買いのクロス取引をする場合、通常は権利日に行います。権利日前にクロスを行うと、貸株料や逆日歩を余計に払う必要があるからです。
    権利日前にクロスする例としては、1)権利日前から現物を持っていて権利日前に利益確定のために空売りしてクロスする(時間差クロスです)、2)権利日に売禁になる恐れがある銘柄でどうしても欲しい場合にクロスする、などが挙げられます。ただ、売禁になった場合には高額逆日歩になることもありますので、注意が必要です。

    逆日歩は怖いです。思わぬ出費になることがありますので、ぜひ、ご自身でご理解の上、お取引してくださいね。
    分からないことがありましたら、またどうぞ~。

  3. ??? より:

    こんばんは。
    最近、株主優待取りの参加者が増えたのは間違いないですが、今回の質問の方のようにまったくのど素人(失礼)がクロス以前に信用取引を行うとは。
    信用口座の開設も随分甘くなったんだと思いますが、非常に危険ですね。厳しい証券会社なら信用口座を閉鎖しそうな質問です。
    何年か前まで、これを読めば株主優待取りのすべてがわかるといったサイトがあったんですが中止されました。株主優待は、いろいろな雑誌で紹介されていますが、まったくの初心者編は少ないような。
    あんこさんが、初心者窓口になられるのも大変そうですが。

  4. あんこ より:

    ???さん、こんばんは~。
    ご配慮ありがとうございます^^
    まあ、私は今くらいのペースでしたら初心者窓口でも構わないので…。
    前にも書いたかもしれないですが、文章だけで分かりやすく説明することって自分の文章能力の向上にもなるのですよ~。
    あと、どこがわかりにくいのかなっていうことも知ることができますしね。
    とはいっても、わかりやすくまとめたサイトを作る時間はないのですが…;
    これからも、よろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)